Loading...

やなぎだ耳鼻咽喉科 > ブログ > お知らせ > ネブライザー療法を再開します

Blogブログ

ネブライザー療法を再開します

お知らせ


前回のお知らせでも書かせていただいた通り、5月15日、新たに日本耳鼻咽喉科学会が耳鼻咽喉科におけるコロナウイルス感染対応ガイドを発表しました。それによると、耳鼻咽喉科のネブライザー療法にはエアロゾル発生およびウィルス感染の原因となるという確たる臨床結果や根拠は無いと述べられています。

当院ではこの通達後も、大阪府の感染流行状況を考慮し、慎重に再開時期を熟慮してきました。現在、近畿圏では、夜の街のクラスター発生を除き、新規感染者が極めて少ない状況が続いています。このようなことから、当院でも充分な環境整備を行いながら、ネブライザー療法を再開することとしました。

ネブライザー療法再開にあたっての当院の感染対策

1. まず、咳こみがおこる可能性が低い鼻ネブライザーのみで再開します。

2. ネブライザーの台数と従来の5台から3台として、患者さんの間の距離を確保しました。

3. 3台のネブライザーの間にビニールシールドを設置しました。

4. 一番重要なことですが、患者さんごとに、ノーズピース、吸気ホース、薬剤槽のカバー、薬液が入っている薬剤槽をすべて毎回交換します。

5. ネブライザー本体の消毒も適宜行います。

6. ネブライザー周囲の換気も充分に行います。

ネブライザー療法再開に伴って、診察時の鼻、副鼻腔に対する吸引処置等も徐々に行っていくこととします。当院で行っている耳鼻咽喉科診療ユニットに対するウイルス濾過フィルター装着等の対策については、前回のお知らせで書かせていただいたとおりです。

当院では引き続き、充分なコロナウイルス感染対策をとりながら、診察を行ってまいりますので、皆様よろしくお願いします。

カテゴリーから探す